気になる映画・これから公開される映画

気になる映画を紹介してなぜ?気になるのか?そのことを書いていこうと思っています。それと一緒にこれから公開される映画について紹介していきます。

ゴジラのアニメ化。いよいよ前売券も発売。したたかな戦略があるかもね?

ゴジラのアニメ化という発表されたのが2016年8月19日。

監督が2名体制で

静野 孔文(しずの こうぶん)

瀬下寛之(せした ひろゆき

 

さらに脚本に虚淵玄(うろぶちげん)が手掛けることに。

 

そして、2017年11月17日公開ということで

2017年夏前に予告動画が公開され

godzilla-anime.com

 

3か月前の8月18日に前売り券が劇場とムビチケより発売開始。

 

ネットでは「なぜ?アニメ化?」「設定が2万年後の地球?」

「動画を見たけどこれって亜人だよね?」

テラフォーマーズを思い出した!」

 

期待より不安を感じる人が多いように見受けられる。

 

たしかに2014年のハリウッド製作

ギャレス・エドワーズ監督のGODZILLAが高い評価を受け

2016年庵野 秀明(あんのひであき)監督のシン・ゴジラが公開。

 

これまでのゴジラ映画と違った視点で描かれて

よりリアルな表現も話題になりました。

 

そんな中での日本映画によるゴジラのアニメ化

3部作が予定されていますが

東宝だけでなくネットフリックスがコラボしている点が気になる。

 

なぜか?というと

もし「ゴジラ 怪獣惑星」第1部がコケたとしても

第2部、第3部をネットフリックス独占配信にして

映画館でない公開スタイルを取ることで

 

リスクを回避するかもしれない。

ネットフリックスなら日本だけでなく世界で配信されるので

シン・ゴジラの様なタイムラグもない。

 

もし、このスタイルで一定の効果があるなら

映画館だけに集客を頼らない

動画配信サービス会社と一緒にアニメを手掛ける配給会社が増えていくのでは?

 

映画館に足を運んでもらう仕掛けを作るよりも

スマホやパソコンから動画を見る人を集客するほうが

やりやすいのではないかな?

 

そんなことを考えてしまう。

 

ジョンウィック:チャプター2は観る人を選ぶ?公開日に観てきました。

ジョンウィック:チャプター2を公開日の7月7日に観てきました。

R15指定なので、館内は男性客7割、カップル3割といったところでした。

johnwick.jp

アクション映画というよりは観る人によっては痛みを感じてしまう映画なので

血を見るのが苦手な人は避けた方がいいかもしれません。

 

 

様々なアクションや裏社会のルール、そして主人公ジョン・ウィックって

顔が広いというか有名な殺し屋なんだなということがわかっていきますし

まだまだ物語で描かれてない主人公の過去がいくつもあることを知ります。

 

さらに映画全体にあるのがフレンチコネクション、男たちの挽歌といった

ノワール映画を踏襲(とうしゅう)だけでなく

いろんなアクション映画(マトリックス燃えよドラゴンなど)での

有名なシーンを織り交ぜ、よりスタイリッシュに描かれている所。

 

前半では車を使ったアクションがメイン

中盤は屋外や地下鉄で銃、ナイフを織り交ぜた生身の格闘

 

後半は建物の中で行われる近距離でのガンアクション

というふうにキアヌ・リーブスが身体を張ったアクションを

痛みをこらえながら乗り切っていく姿が描かれています。

 

鉛筆を使ったシーンは、ある意味13日の金曜日みたいな

スプラッター映画でした笑

 

 

登場人物、裏社会の仕事、裏社会のルールなどが

表現されているのがとても面白いのと

その世界で生き残るために一番重要なのはルールを守ること。

ということも前作同様、ジョンウィック続編でも描かれています。

 

上映時間120分は長いかな?と思いましたが

意外にも退屈することなくアクション、世界観に浸れました。

 

映画のラストは続編が制作されそうな流れになっていますが

ぜひ続編も作ってほしいなと思います。

 

 

やはり前作を観てから映画館に足を運んだほうがいいですね。

これまでもワイルドスピードバイオハザードトリプルX

パイレーツオブカリビアンなどシリーズ物は

新作公開前に前の作品を観てから映画館に行くようにしています。

 

個人的には1作1作個別と考えず全て1つの作品(世界観)と

考えて観ている。

 

これから2017年公開される

 

トランスフォーマー/最後の騎士王

マイティ・ソーバトルロイヤル

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

エイリアン・コヴィナント

ブレードランナー2049

ジャスティスリーグ

スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ

 

この7作品の4作品は観たいと思っている映画なので

前作やオリジナル作品を観てから新作を観ようと考えています。

ダニエル・エスピノーサ監督の映画「ライフ」が、この夏公開。

ダニエル・エスピノーサ監督の映画「ライフ」は、ジェイク・ギレンホールライアン・レイノルズレベッカ・ファーガソン真田広之が出演するSFスリラー。

www.youtube.com

 

2017年7月8日に日本で公開される。

 

物語は火星探索機を回収したISSこと国際宇宙ステーション

回収した探索機には火星で採取したサンプルが

それを調べると地球外生命体が!!

 

世紀の発見に喜ぶ6人の宇宙飛行士は

これから起きる恐怖を知らなかった。

 

地球外生命体が知性を持ち始めたことを。

 

映画「エイリアン」「惑星からの物体X」のように

密閉された空間の中で見えない恐怖に人はどう対応するのか?

ダニエル・エスピノーサ監督の映画「ライフ」

そういう内容から観てみたいと思いました。

 

もしかしたら、この作品は新しいSFスリラーの1作といえるのでは?

 

 

サモハンキンポー主演の最新作「おじいちゃんはデブゴン。」が気になる

80年代の香港映画を先導していたのが

ジャッキーチェン

サモ・ハン・キンポー

そしてユンピョウの3人と言ってもいいだろう。

 

その中でもサモ・ハンキンポーと言えば

1978年公開の「燃えよデブゴン」が有名じゃないかなア~?

 

笑いをちりばめた映画でありながら

全編「燃えよドラゴン」をオマージュした点が

とても高く評価されたコメディ映画。

 

お笑いとカンフーをミックスさせた

70年代後半から80年代の香港映画として数えられる映画です。

 

そんな燃えよデブゴンから30年の時を超えて

サモハンキンポー 最新作「おじいちゃんはデブゴン。」

(原題は「我的特工爺爺」いや~日本語タイトルよりもこっちが好き。)

 

予告編はコチラ

 

www.youtube.com

 

しかも燃えよデブゴンと同じように

監督はサモハンキンポーとくれば楽しみ倍増。

ちなみに監督は20年ぶりだそうです。

 

今回、犯罪に巻き込まれる父(アンディ・ラウ)と娘(ジャグリー・チェン)を

助け守る初老の退役軍人に扮し

さらに凄腕のカンフーの達人として描かれています。

 

ジャグリー・チェン演じる隣に住む住人チュンファと

一緒に甘いものを食べるシーンは

本当のおじいちゃんと孫娘に見えてうるっとしてしまう。

 

 ユンピョウも出演する「おじいちゃんはデブゴン」ですが

3人で主演した「プロジェクトA」「五福星」「スパルタンX」のような

もう一度共演する映画を作ってくれないかな?

 

オヤジが主演の映画が6月に2作品も楽しみだぜ。

6月に気になる映画が2作公開される

 

1作は「ローガン」2017年6月1日公開

ヒュージャックマンが演じるウルヴァリンの最後の作品。

www.youtube.com

ミュータントがいなくなってしまった世界

再生能力が衰えたウルヴァリン

アルツハイマーになってしまったプロフェッサーが

ある1人の少女と出会い追ってから彼女を守るために戦う。

 

ひげ面の痛みをこらえながら戦うローガンことウルヴァリン

なんともしぶい感じがする。

 

そしてもう一方の作品が

「ブラッドファーザー」2017年6月3日公開

www.youtube.com

 

主演はメル・ギブソン

プライベートで酒やDVなどによって

かなりイメージを悪くしていたがこの作品で完全復活なるのか?

元犯罪者で、アル中のリハビリをしながら彫り師として

1人暮らすジョン・リンク。

そんな彼の元に助けを求めに来たのが1人娘のリディア

ギャングのトラブルに巻き込まれ、警察、殺し屋からも狙われる娘を守るために

戦うオヤジが描かれています。

 

 

どちらも作品もひげズラで追ってから女性を守るカッコいいオヤジの映画。

しかもメルギブソンは、予告編で見てもわかるように

これまで出演した「リーサルウェポン」のトレーラー暮らしや

「マッドマックス」の暴走族との対決シーン

「ペイバック」「キック・オーバー」で見せるなさけ容赦ない行動。

 

この二作品がタイミングよく同じ時期に公開されるのは面白い。

どちらの主人公もこれまで戦い抜いた修羅場の数だけ

行動や言葉に重みがある感じがします。

 

別の見方からすると、映画館に足を運ぶ人はこの時期だと

40代以上の人だし、80年代から90年代の映画を思い出させる

そんな作品を望んでいる人たち向けに制作された映画と言ってもいいも。

 

 

 

ジェイソンステイサムのデビュー作はガイ・リッチ―初監督作品

ジェイソンステイサムの映画デビュー作は

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」で

この作品はガイ・リッチ―が初めて監督した作品です。

 

 

デビューのキッカケは当時モデル契約していたファッションブランド

フレンチ・コネクションが 「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」のスポンサーだったこと

 

その後、ジェイソンステイサムはガイ・リッチ―の作品に「スナッチ」「リボルバー」に出演していきます。

 

トランスポーターが当たり役になって

そこからアクション俳優として多くの作品に出演していますが

やっぱりスナッチのターキッシュ役が個人的には印象が強いですね。

 

あの時ブラッド・ピットが演じるミッキー・オニールの家族に会いに行くシーンで 

言葉が全く通じない中で裏ボクシングへ誘う時

悪い奴らに巻き込まれていくときに見せる表情など

どこかコミカルさがあって面白かったです。

 

あのコミカルさは、ワイルドスピードの最新作「ワイルドスピード:アイスブレイク」

後半に敵の飛行機に乗り込んで戦いながら、ときたま見せる表情やセリフにも

表れていて、アクションだけでない役もまた見てみたいなと思いました。

 

 

 

ごあいさつ

ブログを立ち上げたキッカケを書いてみようと思っています。

 

映画は好きなんだけれどもなかなか映画館に行くことができず

レンタルDVDも借りようと思ったものが貸出中だったり

借りにいってもたくさんありすぎてなかなか選ぶことができなかったり

 

そんな中でいろんなブログで映画の感想やネタバレを見たり

動画で映画評論家が紹介する映画をチェックするのが楽しみになっています。

 

一度、気になるとその映画に出演している俳優さんや監督の作品、

関連するジャンル、そういうものをいろいろと調べることで

気にる映画がどんどん増えていきます。

 

自分で何が気になったのか?どういう作品を観たいのか?

書いていくことで明確になるのではないか?

そう考えてこのブログを立ち上げることにしました。

 

映画のメッセージやいろんなお話を聞くことで勉強になったのが

映画評論家の町山智浩(まちやまともひろ)さんが

WoWoWoに出演されている『映画塾』という番組です。

 

映画が始まる前に映画に関する予習、映画本編、映画終了後に復習

と映画を何倍も楽しむ構成がとてもいいですね。

さらに自分が産まれていない時代に公開された映画がたくさんあって

そういう映画に触れるきっかけをつくってくれてます。

 

www.youtube.com

 

 

 

広告を非表示にする