気になる映画・これから公開される映画

気になる映画を紹介してなぜ?気になるのか?そのことを書いていこうと思っています。それと一緒にこれから公開される映画について紹介していきます。

ヴェノムの映画化され予告編も。キャラクターデザインに日本人が

ヴェノムの映画化が発表され、そして予告編としてティザームービーが

2018年2月9日(日本時間)に公開されました。

www.youtube.com

 

※ティザームービーとは? 観ている人に興味を持ってもらうようにあえて隠した表現で行う広告手段。

 

すでに300万回以上も再生され話題になっている映画ヴェノムですが

なんと日本人がキャラクターデザインとしてかかわっています。

 

ココではキャラクターデザインにかかわった日本人を紹介しながら

映画ヴェノムに関する情報(公開日、キャスト)をお伝えしていきますので

続きをご覧ください。

 

キャラクターデザインに関わった日本人とは

ヴェノムのキャラクターデザインに関わったのは田島光二(たじまこうじ)さん

現在カナダ在住で1990年生まれの28才。コンセプトアーティストとして活躍中。

 

主な作品は

コンセプトアート

ゴジラ(2014年公開)

スター・トレックBEYOND(2016年公開)

ミスぺレグリンと奇妙な子どもたち(2016年公開)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年公開)

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年公開)

ワンダーウーマン(2017年公開)

ブレードランナー2049(2017年公開)

デットプール2(2018年公開)

パシフィック・リム:アップライジング(2018年公開)

アントマン&ワスプ(2018年公開)

原題The Kid Who Would Be King(2019年公開)

ゴジラキングオブモンスターズ(2019年公開)

 

キャラクターデザイン

寄生獣(2014年公開)

寄生獣完結編(2015年公開)

進撃の巨人(2015年公開)

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2015年公開)

 

有名な映画のコンセプトアートを手掛けるスゴイ実績の方です。

現在はイギリスのVFX制作会社ダルブネガティブのカナダスタジオに所属

インタービュー記事がありますので

そちらも参考にされて下さい。

eikaiwa.dmm.com

wired.jp

仕事で使っているipad proについてのインタビューも

www.gizmodo.jp

 

ハリウッド映画で活躍する20代の日本人ということで

ますますこれから注目されますね。

 

キャスト、スタッフについて

ヴィランのキャストとスタッフを紹介していきますが

現在わかっているのは

主演のヴィラン(エディ・ブロック)を演じるのはトム・ハーディ

 

リドリースコット監督のブラックホークダウン(2001年)にランス・トゥオンブリー役で映画デビューし、ブロンソンの主役やインセプションのイームス役で注目され

ダークナイト ライジングではベイン役、マッドマックス:フューリー ロードでマックスを演じました。

 

監督はルーベン・フライシャー

2009年に公開されたゾンビランドの監督として有名になりました。

これまでにゾンビランドを含めて3作しか監督を務めてませんが

どちらかというとコメディ色の強い作風なのかな?

 

あとミュージックビデオやCMを多く手掛けていますが

この辺りはデヴィッド・フィンチャーの経歴に似ていますね。

 

そう考えると今回のヴェノムの映像を見ていると

スリラー要素が多いので、フィンチャーの作風に似ています。

 

映画公開日は?

ヴェノムのアメリカでの映画公開日は2018年10月5日公開になっています。

日本での公開は2018年12月に決定しました。

 

詳しい公開日はまだ発表されていませんが

情報が入ってきたらまた紹介していきますね。

 

今回はスパイダーマンヴィラン役としてヴェノムが

スピンオフとして映画化され、そのティザームービーが公開されました。

映画にはキャラクターデザインとして日本人の田島光二がかかわっています。

 

ただ映画を観るだけでなく関わっている日本人がいるということで

これから公開される映画の見方も変わってきますね。

デッドプール2 ケーブルが登場する予告が公開。公開日やキャストについて

デッドプール2 ケーブルが登場する予告が公開されました。前から話題になっていたデットプールの敵役として登場するのがケーブル

ケーブルは左目が光るいかつい顔、全身に様々な武器を身につけながら、腰にテディベアのぬいぐみをさげている。インパクト大のヴィランとしてピッタリ!

 

www.youtube.com

 

演じるのはジョシュ・ブローリン

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーでもサノスという敵役を演じています。

 

 

あいかわらずデッドプールの突込みやおふざけも面白いし

色んな映画をパロディしていながらも

迫力あるアクションはキレッきれでカッコいい。

ココではデッドプール2の公開日、キャストなどについて紹介していきます。

 

公開日はいつ?

 デッドプール2の公開日はアメリカで2018年5月18日

日本では2018年6月の公開で詳しい日にちが発表されていません。

キャストについて

 主人公のデッドプール(ウェイド・ウィルソン)をライアン・レイノルズ

 恋人のヴァネッサ をモリーナ・バッカリン

デッドプールの親友で酒場のオーナーウィーゼル をT・J・ミラー

盲目の老女ブラインド・アルをレスリー・アガムズ

 

Xメンのネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド をブリアンナ・ヒルデブランド コロッサスをステファン・カピチッチ

 

新たに登場するのが

ミュータントのドミノ(ニーナ・サーマン)にザジ・ビーツ

悪役のブラックトム - ジャック・ケシー 

そして最大の敵ケーブル(ネイサン・サマーズ)をジョシュ・ブローリンが演じる

さらに日本の女優 忽那 汐里(くつな しおり)も出演することが発表されてますが

どんな役で登場するのは未発表。

 

 さらに前作でいい感じのボケをかましてくれた

タクシー運転手のドーピンダー(カラン・ ソーニ) も登場します。

 

監督は当初前作のティム・ミラーが行う予定でしたが途中降板し

ジョン・ウィック(2014年公開)やアトミックブロンド(2017年公開)を

監督したデヴィッド・リーチが引き継いで完成しました。

 

デヴィッド・リーチワイルドスピードのスピンオフを監督する予定。

スピンオフではホブスとデッカードが主人公の物語。

 

引き続き登場するキャラクターがいるので

2016年に公開した前作のデッドプールを見てから

デッドプール2を見ることをおすすめします。

 

動画配信サービスなら今すぐ見れるので便利ですよ。

(15歳未満は視聴禁止になっておりますのでご注意ください。)

 

 

⇒ココからデットプールを今すぐ見る。

 配信期限は2019年10月4日まで

 

紹介しているU-NEXTからデッドプールを見るには324ポイントかかりますが

初回入会特典で600ポイントがもらえ、それを使ってみることができます。

 

またU-NEXTは月額1900円(税別)ですが

毎月1200ポイントがもらえ、そのポイントを使って新作映画を観ることができるので

とても使いやすいサービスですよ。

 

※U-NEXTでは会員登録後、初回なら31日間は無料でお試しできます。

 本ページのU-NEXTに関する情報は2018年2月時点のものです。

 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ミッションインポッシブル6の日本公開日が決定。あらすじや予告は?

ミッションインポッシブル6の日本公開日が2018年8月3日(金)に決定しました。

日本でのタイトルはミッション:インポッシブル6/フォールアウト

夏休み映画として見たい1作になりますね。

 

そんなミッションインポッシブル6ですが撮影風景などが動画でアップされていて

興味がそそられる。早く予告編が公開されないか?待ち遠しい人もいるのでは?

 

(追記)

ついに2018年2月予告の動画が公式ツイッターで公開されました。

 

 わずか6秒ですがイーサンハントがバイクに乗っているシーン

トイレでの格闘シーン

ルーサーとベンジーがボートに乗っているシーン

ヘリで逃げるシーンからトレーラーにヘリでぶつかりそうになるシーン

 

今回も体当たりの派手なアクションが見られそう。

3Dでの公開もあるはず。

 

 今度の日曜日(アメリカで2月4日、日本では2月5日)に新しい予告編が公開されると

ツイッターではつぶやかれているので、より長い予告編が公開されそう。

あらすじは?

まだ詳しい情報は入ってきていませんが

撮影風景やインスタグラムやツイッターでアップされた映像から予想することは難しい。詳しい情報が入ったらご紹介していきますね。

キャストは?

主演はイーサンハント役のトムクルーズ

前作ローグネイションで注目されたイルサ・ファウストレベッカ・ファーガソン

イーサンの頼りになる存在ルーサー・スティッケル役ヴィング・レイムス

天才的ハッカーベンジー・ダン役サイモン・ペッグ

IMFの長官アラン・ハンリー役アレック・ボールドウィン

 

謎の女ホワイト・ウィドウ役ヴァネッサ・カービー

CIAで敏腕エージェントのウォーカー役ヘンリー・カヴィル
新たなCIA長官役にアンジェラ・バセット

多国籍スパイ集団「シンジケート」 ボスのソロモン・レーン役ショーン・ハリス

 

役名が発表されてませんがシャーン・ブルックも出演されます。

 

今回一番気になるキャストが

Mi3でイーサンの妻ジュリア・ミード役ルーサーのミシェル・モナハン

本作ミッション:インポッシブル6/フォールアウトに登場するということ。

 

ミッション:インポッシブル ゴーストプロトコルでは悲しい別れになっていましたが

なぜ?再びジュリアが登場するのか?物語の大きなカギを握るのかもしれません。

 

あと残念なのがアベンジャーズのスケジュールと合わなかったのか?

ウィリアム・ブラント役の ジェレミー・レナーが出演しなんですね。

 

監督はクリストファー・マッカリー

トムクルーズとこれまでに

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年12月16日公開)

アウトロー(2013年2月1日公開)

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015年8月7日公開)

・ジャック・リーチャー(アウトローの続編 2016年11月11日公開)

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年7月28日公開)

と5作品を一緒に行っていて今回のミッションインポッシブル6で6作目となる。

 

試写会や舞台挨拶は?

キャストミッションインポッシブル6の試写会はまだ発表されていませんが

トムクルーズが日本に来日して舞台挨拶や宣伝活動などが行われるはずです。

詳細が分かり次第紹介していきますね。

 

最新作を楽しむためには?

映画も続編が作られていくとこれまでの作品で出てきたセリフや

重要なシーンがまたミッション:インポッシブル6/フォールアウトでも出てくるはず。

特に今回はMI3でイーサンハントの妻ジュリアとして登場したミシェル・モナハン

再登場するので同じジュリアとして登場するのか?

それともどういう形で登場するのか?気になりますよね?

そのためにもこれまでのミッションインポッシブルシリーズを観かえして

登場した人物、これまでのどんなことがあったけ?と思い出すのって大事。

 

これまでの作品を見たいと思った時に便利なのが動画配信サービス。

DVDをレンタルする時間や返却の心配もないし

今観たいと思った時にスマホタブレット、パソコン、対応しているテレビですぐ見れますからね。

 U-NEXTなら第1作から第4作まで見放題と第5作がポイント購入で見ることができます。

 ▼コチラからU-NEXTを見る▼

ただし、第1作から第4作までが2018年9月19日まで

第5作が2018年7月31日まで視聴できることになっていますのでご注意ください。

詳しくは上の画像からU-NEXTの公式サイトをチェックしてください。

 

また登録から31日までは無料でお試しすることができるので

まだ利用したことがない方はこの機会にいかがですか?

 

映画公開前にミッションインポッシブル5作品を観てると

よりミッション:インポッシブル6/フォールアウトが楽しめますよ。

トレインミッション 映画の予告と公開日、そして思うこと。

トレインミッションという映画の予告を見た。

主演はリーアム・ニーソン、監督はジャウム・コレット=セラ

主人公が毎日通勤に使っている電車内である女に話しかけられたことで

物語が始まっていく。原題はThe Commuter(通勤者)

www.youtube.com

 

予告を見た感じではサスペンスが入ったアクション映画という所だろうか。

しかしリーアム・ニーソン

ジェイソンステイサムやヴィン・ディーゼルのようになって

完全にアクション俳優的な位置になってしまった。

なんか残念。個人的にはジャウム・コレット=セラ監督と組んで

2011年に公開された映画アンノウンのような展開が好きなんだけれども。

 

トレインミッションの公開日は?

トレインミッションの公開日は2018年3月30日(金曜日)

アメリカでは2018年1月12日、イギリスでは1月19日

フランスでは1月24日に公開されている。

アメリカ、イギリス、フランスの共同制作。

 

内容について思うこと

電車が到着するまでの間にある事を行えば高額の現金がもらえ

失敗すれば家族や電車の乗客の命にかかわる。

 

イムリミットは105分 

映画の上映時間も105分なので

映画を見ている人は主人公と同じ時間を進んでいきながら

まるでそこにいるかのように体感していく。

 

昔見た映画で言うと

ジョニーデップ主演のニック・オブ・タイム(1995年公開 上映時間90分)

が同じように時間が進んでいく中で主人公が

ある事を実行しないと娘の命が危ないという物語に似ている。

 

あと予告編のラストにリーアム・ニーソンが電車から電車に飛び移るシーンがあったが

あのスピードでは跳ね飛ばされてしまうのではないだろうか?

ミッションインポッシブルのトムクルーズTGVからヘリに飛び移るシーンを見た時

「ありえねえ~。」って言ったことを思い出した。

 

アクションシーンはもう少しリアルさを追求して欲しいな。

ボーンシリーズのアクションを見てから

超人的なアクションは苦手になってきた。

ダイハードも1作目が一番好きなんだけれども

4作目、5作目になるともうなんというか苦笑いしかない。

 

サスペンスアクションと言えばこの映画

ココから個人的なサスペンスアクション映画のおすすめを紹介していきますが

やはりヒッチコック監督の映画が一番のおすすめ。

主人公がある事件に巻き込まれて周りからも孤立無援になってしまう

 

1942年公開の逃走迷路

これは映画館というよりはテレビのNHKで放送されたのを見て

ぐいぐいと引きこまれた映画。自由の女神でのラストが

高いところが苦手な私にとってドキドキが止まらない

最後まで見入ってしまった映画です。

 

1959年公開の北北西に進路を取れ

オープニングのソール・バスが手掛けた文字が動く映像と音楽がこれから始まる

映画の期待感をあげてくれますし(ヒッチコックがバスに乗れない人を演じている)

ただっぴろい中で主人公が飛行機に追いかけられるシーンや

歴代大統領4人が石で刻み込まれたラシュモア山で追い詰められるシーン

 

1993年公開の逃亡者

テレビ版で人気を博した逃亡者をハリソンフォードが主演で

トミー・ リー・ジョーンズが追いかける連邦保安官補を演じ

ダムへ飛び込むシーンや電車内で義手の男と対峙するシーン等が印象的。

 

先ほども紹介したボーンシリーズ

特に好きなのが2002年公開の第1作ボーン・アイデンティティー

2004年公開の第2作ボーン・スプレマシー

格闘シーンはコチラまで痛みが伝わってくるし

カーアクションは一緒に乗っているような感覚になってしまう。

 

他にもあるんだけれども

思い出したら追加していきますね。

 

トレインミッションは動く密室の中で主人公が時間内に問題を解決していく

そういう映画なんだけれども、いくつもの謎解きをしながら

主人公と一緒に同じ時間を進んでいくというところが面白そうですね。

 

トレインミッションの映画公開日は2018年3月30日

春休みの時期にかかりますが親子で楽しむというよりは

一人で楽しむ映画かな?

 

 

ゴジラのアニメ化。いよいよ前売券も発売。したたかな戦略があるかもね?

ゴジラのアニメ化という発表されたのが2016年8月19日。

監督が2名体制で

静野 孔文(しずの こうぶん)

瀬下寛之(せした ひろゆき

 

さらに脚本に虚淵玄(うろぶちげん)が手掛けることに。

 

そして、2017年11月17日公開ということで

2017年夏前に予告動画が公開され

godzilla-anime.com

 

3か月前の8月18日に前売り券が劇場とムビチケより発売開始。

 

ネットでは「なぜ?アニメ化?」「設定が2万年後の地球?」

「動画を見たけどこれって亜人だよね?」

テラフォーマーズを思い出した!」

 

期待より不安を感じる人が多いように見受けられる。

 

たしかに2014年のハリウッド製作

ギャレス・エドワーズ監督のGODZILLAが高い評価を受け

2016年庵野 秀明(あんのひであき)監督のシン・ゴジラが公開。

 

これまでのゴジラ映画と違った視点で描かれて

よりリアルな表現も話題になりました。

 

そんな中での日本映画によるゴジラのアニメ化

3部作が予定されていますが

東宝だけでなくネットフリックスがコラボしている点が気になる。

 

なぜか?というと

もし「ゴジラ 怪獣惑星」第1部がコケたとしても

第2部、第3部をネットフリックス独占配信にして

映画館でない公開スタイルを取ることで

 

リスクを回避するかもしれない。

ネットフリックスなら日本だけでなく世界で配信されるので

シン・ゴジラの様なタイムラグもない。

 

もし、このスタイルで一定の効果があるなら

映画館だけに集客を頼らない

動画配信サービス会社と一緒にアニメを手掛ける配給会社が増えていくのでは?

 

映画館に足を運んでもらう仕掛けを作るよりも

スマホやパソコンから動画を見る人を集客するほうが

やりやすいのではないかな?

 

そんなことを考えてしまう。

 

ジョンウィック:チャプター2は観る人を選ぶ?公開日に観てきました。

ジョンウィック:チャプター2を公開日の7月7日に観てきました。

R15指定なので、館内は男性客7割、カップル3割といったところでした。

johnwick.jp

アクション映画というよりは観る人によっては痛みを感じてしまう映画なので

血を見るのが苦手な人は避けた方がいいかもしれません。

 

 

様々なアクションや裏社会のルール、そして主人公ジョン・ウィックって

顔が広いというか有名な殺し屋なんだなということがわかっていきますし

まだまだ物語で描かれてない主人公の過去がいくつもあることを知ります。

 

さらに映画全体にあるのがフレンチコネクション、男たちの挽歌といった

ノワール映画を踏襲(とうしゅう)だけでなく

いろんなアクション映画(マトリックス燃えよドラゴンなど)での

有名なシーンを織り交ぜ、よりスタイリッシュに描かれている所。

 

前半では車を使ったアクションがメイン

中盤は屋外や地下鉄で銃、ナイフを織り交ぜた生身の格闘

 

後半は建物の中で行われる近距離でのガンアクション

というふうにキアヌ・リーブスが身体を張ったアクションを

痛みをこらえながら乗り切っていく姿が描かれています。

 

鉛筆を使ったシーンは、ある意味13日の金曜日みたいな

スプラッター映画でした笑

 

 

登場人物、裏社会の仕事、裏社会のルールなどが

表現されているのがとても面白いのと

その世界で生き残るために一番重要なのはルールを守ること。

ということも前作同様、ジョンウィック続編でも描かれています。

 

上映時間120分は長いかな?と思いましたが

意外にも退屈することなくアクション、世界観に浸れました。

 

映画のラストは続編が制作されそうな流れになっていますが

ぜひ続編も作ってほしいなと思います。

 

 

やはり前作を観てから映画館に足を運んだほうがいいですね。

これまでもワイルドスピードバイオハザードトリプルX

パイレーツオブカリビアンなどシリーズ物は

新作公開前に前の作品を観てから映画館に行くようにしています。

 

個人的には1作1作個別と考えず全て1つの作品(世界観)と

考えて観ている。

 

これから2017年公開される

 

トランスフォーマー/最後の騎士王

マイティ・ソーバトルロイヤル

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

エイリアン・コヴィナント

ブレードランナー2049

ジャスティスリーグ

スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ

 

この7作品の4作品は観たいと思っている映画なので

前作やオリジナル作品を観てから新作を観ようと考えています。

ダニエル・エスピノーサ監督の映画「ライフ」が、この夏公開。

ダニエル・エスピノーサ監督の映画「ライフ」は、ジェイク・ギレンホールライアン・レイノルズレベッカ・ファーガソン真田広之が出演するSFスリラー。

www.youtube.com

 

2017年7月8日に日本で公開される。

 

物語は火星探索機を回収したISSこと国際宇宙ステーション

回収した探索機には火星で採取したサンプルが

それを調べると地球外生命体が!!

 

世紀の発見に喜ぶ6人の宇宙飛行士は

これから起きる恐怖を知らなかった。

 

地球外生命体が知性を持ち始めたことを。

 

映画「エイリアン」「惑星からの物体X」のように

密閉された空間の中で見えない恐怖に人はどう対応するのか?

ダニエル・エスピノーサ監督の映画「ライフ」

そういう内容から観てみたいと思いました。

 

もしかしたら、この作品は新しいSFスリラーの1作といえるのでは?